■ 新型コロナウイルス感染症への対応について

(2020-09-01)

「2020年度 消費生活相談員資格試験(消費生活専門相談員資格認定試験)」は、9月1日現在、「2020年度 消費生活相談員資格試験(消費生活専門相談員資格認定試験)第1次試験会場変更のお知らせ」(令和2年6月10日掲載。当ページ1番下にも再掲。)に記載した一部試験会場の変更を除き、「2020年度 消費生活相談員資格試験受験要項」(以下、「受験要項」という)の通り実施する予定です。
つきましては、試験会場における新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、以下の対応を実施しますのでご留意ください。

1.受験者について

1)次の事項に該当する方は、当日、受験を控えていただくようお願いします。
① 発熱のある方
② 新型コロナウイルス感染症に罹患して治癒していない方
③ 濃厚接触者として健康観察の指示を受けている方
④ 新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる体調異常(せき、くしゃみ、呼吸困難、息切れ、強いだるさ等)がある方
⑤ 海外からの帰国者など、政府または自治体の要請により自宅待機を求められている方

2)試験会場の入室時に検温し(※)、発熱等の体調不良が確認された場合は受験をお断りする場合があります。
※ 一部の会場では、施設側の取り決めにより、検温は屋外で実施します。

3)試験会場の入室時に、アルコール等による手指消毒を徹底してください。

4)試験会場内ではマスクを着用し、昼食時など、マスクを外した際の会話は控えてください。

5)試験会場の変更や、試験当日の席替え・別室受験等の特別な対応は実施しません。
 このため、試験監督員の指示に従えない方は受験をお断りする場合があります。

2.試験監督員および試験会場について

1)前記1.1)①~⑤に該当する者は、試験監督員に従事させません。

2)試験監督員は、マスク、フェイスガード等の着用およびアルコール等による手指消毒を徹底します。

3)試験会場では、受験者同士の距離を概ね1m以上確保し、換気設備の適切な運転や定期的な外気取り入れにより、換気を行います。
 換気のため、試験時間中も含めて、ドア等を開放することがあります。
 また、ドアノブなど、多くの受験者が手を触れる場所は、適宜アルコール消毒を行います。

3.受験申込後のキャンセル等について

 受験申込後のキャンセル及び返金等については、原則として、「受験要項」の「10.受験申込後のキャンセル」の通りとします。
 ただし、新型コロナウイルス感染症により試験中止等の措置を取ることになった場合は、返金等に関して、本サイト(消費生活相談員資格試験お知らせサイト)でお知らせします。

4.その他

1)本対応については、新型コロナウイルス感染症に関する政府の方針や最新の知見等を踏まえ、適宜、見直しを行います。

2)法令に基づき、行政機関等から要請があった場合、個人情報を提供することがあります。

3)緊急事態宣言等により、会場を変更する場合や試験を中止する場合、その他試験実施に関する情報については、本サイト(消費生活相談員資格試験お知らせサイト)等で、適宜お知らせします。特に試験直前は最新の情報にご注意ください。なお、電話による個別の問い合わせはお控えください。                                                        

一覧へ戻る